読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby覚え書き

#introRuby

#コメント
#実行
ruby -e 'puts ("hello, world")'

#変数の文字列内展開
var = "world"
puts "hello #{var}"
> hello world

#条件分岐
i = 1
if i < 0
	puts "負"
elsif i > 0
	puts "正"
else
	puts "零"
end
> 正
if i % 2 == 1 : puts "奇数です。" end	#if文を後置すること、thenの代わりに:を利用することも可能
> "奇数です"

#制御構文
i = 0
while i < 10	#i < 10が成り立つ間だけ繰り返し
	puts i
	i += 1
end

until i < 1		#i < 1になるまで繰り返し
	puts i
	i -= 1
end

sum = 0
i = 0
for i in (1..10)	#1〜10まで繰り返し
	sum += i
end

10.times do |i|		#10回繰り返し
	puts i
end

10.times { |i| puts i}	#10回繰り返し。do~endの代わりに{}も利用可

array = ["A", "B", "C"]	#配列の全要素分繰り返し
array.each { |string| puts string}

i = 0
loop {puts i+=1} #無限ループ

#関数定義
def hello(name)
	puts "Hello, #{name}"
end
hello("World.")
>Hello, World.

#クラス定義
class Myclass
	def initialize(name)	#コンストラクタ
		@name = name
	end
	def hello
		puts "Hello, #{@name}"
	end
end
a = Myclass.new("World")
a.hello

#継承
# スーパークラスの定義
class MyClass
	def hello
		puts "Hello!"
	end
	def bye
		puts "Bye!"
	end
end

# サブクラスの定義
class MySub < MyClass
	def hey
		puts "hey!"
	end
	def hello
		puts "hello!!!!!!!!!!!!!!"
	end
end

classSuper = MyClass.new
classSuper.hello
classSuper.bye
classSuper.hey	#サブクラスのメソッドは利用できない

classSub = MySub.new
classSub.hey
classSub.hello
classSub.bye	#スーパークラスのメソッドを利用できる

#例外処理
begin
	f = File.open("c:/test.txt")
	print f.read
	f.close
rescue => ex
	p ex
retry
ensure #例外の発生にかかわらず必ず実行される処理
	puts "end"
end

#配列
ary = [1, 2, 3] #配列の標準的な定義方法
ary = %w(A B C D E) #文字列を%wで指定することにより、空白区切りで文字列配列化する
ary[1..3]
ary[-3..-1]
ary << "F" # add list
ary[3,2] = ["G", "H"]
ary = [1, 2, 3, 4, 5]
ary.map { |i| i / 5 } #列の各要素に対してブロックを実行し、結果を配列で返す

#ハッシュ
hash = {"名詞" => 1, "助詞" => 0, "形容詞" => 3 }
hash.each { |key, value| puts "#{key}, #{value}"
hash.has_key?("代名詞") #=> false
hash.has_value?("3") #=> true
hash.store("代名詞", 2)

#破壊的:オブジェクトの中身を変更するメソッド。メソッド名に!を付けて呼ぶ
ary = [1, 2, 3]
ary.map {|i| i**i} #aryの中身は変更無し
ary.map! {|i| i**i} #aryの中身に変更有り

#ファイル処理
#ファイル一気に読む
fileName = "c:/test.txt"
f = open(fileName)
	print f.read
f.close
#ファイル一行ずつ読む
File::open(fileName) {|f| f.each {|line| print line}}
#ファイル指定行を読む
open(fileName) {|file| print file.readlines[10]}
#ファイルに書き込む
f = File.open(fileName, 'w')
f.puts "hello world"
f.close

#DB(SQLite)
require 'sqlite3'
db = SQLite3::Database.new("test.db")
sql = "select id, name from test"
db.execute(sql)  { |id, name| print "#{id}, #{name}"}

#ディレクトリ操作
puts "Current Directory :"
Dir.pwd	#カレントディレクトリ取得
puts "Change Directory to /tmp."
Dir.chdir("/tmp") #ディレクトリ移動
dir = Dir.open(".")	#ディレクトリ内のファイル/フォルダを取得
dir.each { |filename| filename}	
Dir.glob("*.htm\0*.html")	#ディレクトリ内のファイルをパターンマッチで取得。複数パターンを使う場合は\0で区切る
Dir.glob("pub/**/*.txt")	#ディレクトリ内を再起検索
Dir.mkdir("test")	#ディレクトリ作成
Dir.rmdir("test")	#ディレクトリ削除※ディレクトリが空のときのみ
File.rename("fileName", "NewFileName")	#ファイル名変更。違うフォルダを指定した場合はファイルのコピー・移動になる
File.delete("fileName")	#ファイル削除
File.basename(fileName)	#ファイル名のみ取得
File.dirname(fileName)	#ディレクトリ名のみ取得
File.stat(filename).mtime	#ファイルの最終更新日取得
File.stat(filename).size	#ファイルサイズ取得

#時間
Time.new.hour.to_s + ":" + Time.new.min.to_s
t = Time.new
p t.strftime("%Y年%m月%d日%H時%M分%S秒")
p t.strftime("%d, %B (%A)")

t1 = Time.now
sleep(5)
t2 = Time.now
puts "#{t2 - t1}秒経過しました。"

シンボル、重要である

参考
逆引きRuby http://www.namaraii.com/rubytips/
Rubyプログラミング入門 http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/download/subject1-2_lesson.pdf